西部ガスグループ 日本鮮食株式会社西部ガスグループ 日本鮮食株式会社

食材本来の旨味を引き出す、
「当社独自の技術」

日本鮮食では、当社技術と実績でお客様が求める
イメージを形にする製品開発に取り組んでおります。

レトルト加工技術

ジュール加熱技術

レトルト加工技術

レトルト釜と呼ばれる密閉式の大きな釜で、加熱・加圧殺菌します。
真空下で処理を行っていることで、栄養素の消失が少なく、常温で6ヶ月間の保存が可能です。

工場内施設
▲ 工場内施設

レトルト商品一例

ジュール加熱技術

ジュール加熱機を使用して、素材全体を均一に加熱した後、
オーブンで仕上げ焼成を行う独自の製法です。
この製法により加熱時間が短縮でき、組織破壊が少ないことから冷めても柔らかく、
ドリップ(素材の旨み)の流出を抑えられます。

ジュール装置
▲ ジュール装置

ジュール加工商品一例

レトルト加工技術と
ジュール加熱技術の併用

素材をそのままレトルト加工技術で加圧加熱し骨を柔らかくした後に、
ジュール加工技術でふっくらと仕上げます。

(ファストフィッシュ)

Fast Fish(ファストフィッシュ)とは手軽・気軽においしく、水産物を食べること及びそれを可能にする商品や食べ方のことで、
水産庁より「ファストフィッシュ」に認定された商品には、認定の「ロゴマーク」を貼付しています。

Fast Fish 旨みまるごと新食感!!

ファストフィッシュ商品一例